ブログ 中国古典 論語

「論語」に学ぶ つきあってはいけない人 3選

更新日:

約2500年前の古典、「論語」の中で孔子が語っている

つきあってはいけない人【損者(そんしゃ)】には、

次の3つのタイプがあります。

 

①人と自分を比べて見栄を張ったり、僻んだりする人【便辟(べんぺき)】

人に自慢をするために良い車に乗ったり、ブランド品を身に着けたり、

学歴・会社での肩書きを誇る人のことです。

こういう人は、本当の自分自身の中に確固たる軸がなく、

いつも人と比較することでしか、自分の価値を確かめることができません。

いつも自慢話や人を貶めるような噂話ばかり聞かされたのでは、

聞いている方はたまりませんよね。

そういう人と一緒にいると、自分もその話題に加わらなければなりません。

自分を大切にするのであれば、そういう人とは距離を置き、

つきあわないことが一番です。

 

②優柔不断で自分がなく、調子よく他人に合わせるだけの人【善柔(ぜんじゅう)】

言葉面だけ見ると、「善良で、物腰が柔らかい」というような感じで、

一見良さそうな人ですが、そうではありません。

こういう人は表面上は従順で、人との和を乱さないように振舞いますが、

優柔不断で自分がないだけの人です。

人と食事に行くにも、旅行に行くにも、いつも他の意見に従います。

ところが後になって「自分は本当は行きたくなかった」と言い出すのが、

このタイプの人です。

何をするにもこちらが決めてあげなければならず、

責任は自分で負わずに、相手に押し付けるのです。

こういう人も「つきあってはいけない人」と言えるでしょう。

 

③口先だけ表面上は良いことを言い、不誠実な人【便佞(べんねい)】

最後のタイプはお世辞が上手で、冗談で人を楽しませることもできる人です。

しかしこの手のタイプは、本当に困ったとき、相談を持ち掛けたりすると、

スーっといなくなってしまう人です。

上辺の調子は良いですが、実行が伴わないことが多く、

信頼に欠ける人と言えるでしょう。

このような人もあなたが「つきあってはいけない人」です。

 

さて2500年前も令和を迎えた現在も、人間関係の悩みは変わらないようです。

自分の人生を大切に考えるのであれば、

「あなたがつきあうべき人はどんな人が相応しいか」ということを

しっかり考えていく必要があるでしょう。

 

「損者三友(そんしゃさんゆう)」

「便辟(べんぺき)を友とし、善柔(ぜんじゅう)を友とし、便佞(べんねい)を友とするは損なり」【論語 季氏第十六】

-ブログ, 中国古典, 論語
-, , ,

Copyright© 論語の語りべ 関龍二 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.