ブログ 中国古典 論語

すごい人は素直に認める。同時に自分を売り込むことも忘れない。

更新日:

すごい人に出会ったときに、

素直に相手を「すごい!!」と認められるか、

どうにかアラを探して相手を引き下げようとするか、

反応は大きく2つのパターンに分かれます。

 

相手を認めることができる人は、

その人に近づくために努力や勉強ができる人。

相手のアラ探しをする人は、

今の自分を変えようとすることを拒み、

現状を変えることができない人です。

 

どちらの考え方をすれば、あなたの人生は上向きになるでしょうか。

人の長所を認め、自分の足りない所を見つめることができる人は、

自分の実力を謙虚に見きわめられる人であり、

これから大いに成長できる可能性を秘めています。

 

人の良いところを認めることは、

人生に有益な楽しみ3選でも取り上げています。

 

そして忘れてはいけないのが、

その時に卑屈に考えることなく、

「今はあの人ほどスゴイことはできないけど、自分はここまではできる」

と自己アピールを忘れないこと。

相手にさりげなく自分の売り込みをして、

あなたの人となりや目標を相手に知ってもらうことができます。

 

「賜(し)や、何ぞあえて回(かい)を望まん。

回や、一を聞いて以て十を知る。賜や、一を聞いて以て二を知る」

【論語 公冶長篇】

 

(意訳) 「私など到底 回には及びません。

回は一を聞けば、十(全体)を知ることができます。

私は一を聞いて二(倍くらい)を知る程度です」

※回=孔子の弟子、顔淵(がんえん)の名。賜=孔子の弟子、子貢(しこう)の名。

-ブログ, 中国古典, 論語
-, , , , ,

Copyright© 論語の語りべ 関龍二 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.