ブログ リーダーシップ 中国古典 生き方 自己啓発 論語

もし人のためにできることがあるなら、勇気を持って行うべきだ

更新日:

3月の末に父が意識不明の重体で倒れ、

入退院を繰り返していました。

社会はコロナウイルスの脅威にさらされ、

不安が日に日に増していきます。

 

私は社会に対しても、父に対しても、

「何らできることがない」という無力感にさいなまれました。

幸い父の容態は安定し、私たち家族の時間は平常に戻りつつあります。

でも社会はいまだコロナ不安の渦中にあります。

 

「私にできることは何だろうか」

と改めて考えたとき、

わずかながら見えてくるものがあります。

 

社会が安らかな時を取り戻すために、

少しでも誰かの力になりたい。

こういう状況だからこそ、

「自分だけ」よりも「人のため」が、

社会に求められるのだと改めて感じます。

 

「仁(じん)に当りては師にも譲らず」

【論語 衛霊公篇】

 

(意訳)

「仁を行うに当たっては、師匠に対しても遠慮することはない」

-ブログ, リーダーシップ, 中国古典, 生き方, 自己啓発, 論語
-, , , , ,

Copyright© 論語の語りべ 関龍二 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.