ブログ 中国古典 論語

人づきあいが上手な人の特徴

更新日:

いつも人に囲まれ、人の輪の中心にいるような人気者もいれば、

人とのかかわり方が苦手で、うまく人づきあいが出来ない人もいます。

人づきあいが上手な人は、どんな人でしょうか。

面白い話ができる人、明るい人、褒め上手な人。

 

確かにそれぞれ当たっているかもしれませんが、

長くつき合える人をたった一つ思い浮かべるとしたら、

「長くつき合えばつきあうほど、尊敬できる人」

ではないでしょうか。

 

親しい間柄になると、だんだんとお互いに礼儀を欠いたり、

相手の悪い面が見えてくるものです。

それでも「この人のこんな所が素晴らしいな」と思える人。

いつも相手の美点に目を向ける人になりたいですね。

 

荘子(そうし)という書物にも、人づきあいにまつわる名言として、

「君子(くんし)の交わりは淡きこと水の如(ごと)し、

小人(しょうじん)の交わりは甘きこと醴(れい)の如し」

とあります。

 

醴(れい)とは甘酒のことで、ベタベタとしたつきあいのことです。

長いつきあいになっても、相手に対する敬意と節度を忘れず、

あっさりとしたつきあい方ができるのが理想ですね。

 

「久しくして、これを敬す」【論語 公冶長篇】

-ブログ, 中国古典, 論語

Copyright© 論語の語りべ 関龍二 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.