ブログ リーダーシップ 中国古典 生き方 自己啓発 論語

人にわかってもらえない、そんな時に考えること

更新日:

「なんで私のことを理解してくれないのだろう」

「自分のことをわかってほしい」と、

家庭や仕事がうまくいっていないときには、

周りの人たちに期待してしまいがちです。

でも、考えてみてください。

大変なのは、あなただけでしょうか。

 

毎日顔を合わせる同僚も、

人知れず大きな悩みを抱えているかもしれない。

なんでも言い合えるような家族でも、

昔から抱えるコンプレックスを持っているかもしれない。

人にはあえて言わないだけで、

多くの場合、人は大なり小なり悩みを抱えているもの。

 

苦難に直面したとき、

「自分だけがこんなにつらい」と、

心が内向きになりがちな人は、

まずは心を外に向けてみることです。

 

同じ悩みを抱えている仲間と悩みを共有してみる。

そして、人の心に寄り添い、

自分以外の人のつらさを感じられる余裕ができれば、

「自分だけ」というとらわれから解放されることでしょう。

 

「人の己を知らざるを患(うれ)えず、

人を知らざるを患うるなり」【論語 学而篇】

 

(意訳)「人がわかってくれない、そんなことを思い悩む必要はない。

あなたはどれだけ、人のことを分かってあげられているだろうか」

-ブログ, リーダーシップ, 中国古典, 生き方, 自己啓発, 論語
-, , , , ,

Copyright© 論語の語りべ 関龍二 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.