ブログ リーダーシップ 中国古典 生き方 自己啓発 論語

人生に有益な楽しみ3選

更新日:

この世に楽しみは多い。

とくに戦後、社会が豊かになり、

衣食住の心配がほぼなくなった日本には、

たくさんの娯楽・暇つぶしが発達してきました。

 

今回は単純な娯楽・暇つぶしとは違った観点から、

2500年前の孔子が語っている、

【人生に有益な楽しみ 3つ】をご紹介します。

 

「何をやっても楽しくない」

「楽しいことがみつからない」という方には、

真の意味での【人生を豊かにしてくれる楽しみ】を、

考えるヒントになるでしょう。

 

①音楽に親しみ、きちんとした生活を送る

「毎日、夜ふかしをせず、朝は決めた時間に起きる」

「暴飲暴食をしない」など、

どんな些細なことでもよいので、

規則正しい生活を送ることを心掛けます。

 

「自分はしっかり生きている」という自覚が大切で、

それがやがて小さな自信になり、

その積み重ねが【ブレない自分をつくる軸】になります。

 

また音楽に親しみ、感性や情緒を磨くことで、

心の感覚を研ぎ澄ましておくこと。

スマホやテレビにばかり向き合っている生活では、

感情を置きざりにした無機質な感覚に陥りがちです。

 

②人の良いところを褒める

人は誰しも、他人の悪いところは簡単に見つけられるのに、

良いところを見つけるのは難しいもの。

でも、人の悪口ばかり言っていれば、

その人の周りから、人は離れていきます。

 

反対に人が集まるのは、人の長所を認め、

伸ばしてあげられる人の周りです。

一人でできる楽しみも多い社会ですが、

やはり人に囲まれ、存在を認められてこそ、

人生の豊かさは感じられるもの。

 

③素晴らしい友人に感謝する

これは逆説的な話ですが、

楽しみを追い求めれば追い求めるほど、

楽しみは去っていくものです。

どんなに美味しいものでも、

毎日食べれば飽きてしまいます。

 

そんな目に見える贅沢よりも、たとえば、

困ったときに手を差し伸べてくれた友人、

ただうなずいて話を聞いてくれた友人など、

あなたが今持っている大切な存在に目を向けることです。

 

人の欲望に限りはありません。

無いものを追い求めるよりも、

自分が持っているものに気づき、

感謝できる力を高めることが、

幸せに生きることにつながります。

 

「益者三楽(えきしゃさんらく)。

礼楽(れいがく)を接せんことを楽しみ、

人の善をいうことを楽しみ、

賢友多きを楽しむは益なり」【論語 季氏篇】

 

(意訳)「人生に有益な楽しみ3つ。

礼にのっとった行いをし、

調和のとれた音楽に親しむこと。

人の美点を褒めること。

素晴らしい友人を多く持つこと」

-ブログ, リーダーシップ, 中国古典, 生き方, 自己啓発, 論語
-, , , , ,

Copyright© 論語の語りべ 関龍二 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.