ブログ 中国古典 論語

大切にすべきは「外見」か「内面」か

更新日:

人間にとって大切なのは「外見」でしょうか?

それともやっぱり「内面」でしょうか?

この答えは人による、また時と場合に応じても変わってくると思います。

 

孔子の語るところによれば、

「文質彬彬(ぶんしつひんぴん)」がいちばん良いとのこと。

「文」は飾り、身に着けるもの、表面的なもの。教養や知識・スキルなど。

「質」はその人に内在するもの。元々生まれ持った素質や人格などです。

「外見」と「内面」とがピタリと一致し、

調和がとれている状態こそが偏りなく理想の状態です。

 

あまりに「文」が過ぎれば、見せかけだけの人間になりますし、

人格が伴わない技術は、ときに人を不幸にします。

反対に「質」だけで自由に生きれば粗野になります。

人間性を磨くとともに、教養も身につけていく必要があります。

 

「分相応」「看板に偽りなし」といった言葉が近いイメージでしょうか。

「人からどう見られるか」や「自分はどう生きたいか」ということは、

人間の永遠のテーマでもあります。ぜひ参考になさってください。

 

「質、文に勝てば則ち野(や)。文、質に勝てば則ち史。

文質彬彬として然(しか)る後に君子(くんし)なり」【論語 雍也篇】

-ブログ, 中国古典, 論語
-, , ,

Copyright© 論語の語りべ 関龍二 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.