ブログ リーダーシップ 中国古典 生き方 自己啓発 論語

成長の近道は、切磋琢磨できる仲間を作ること

更新日:

今回は「もっと自分を成長させたい」という向上心の強い方、

「成長したいけど、なかなか続けられない」という

意欲はあるけれど、意志の弱い方向けの内容です。

 

私もかなり向上心は強い人間で、

今日より明日、自分が成長するための、

【自己投資】をいつも考えて生きています。

 

いちばんコスパの良い自己投資は【学ぶこと】だと思います。

ただ20代までの学び方と30代からの学び方は大きく変わりました。

それが【独りで学ぶ】⇒【仲間と学ぶ】ということ。

 

自分の心とじっくり向き合い、

思考を深めていく学びも大切ですが、

仲間を作って切磋琢磨していくやり方には、

独りの学びにはないものがあります。

 

自分の中にはないものの見方や考え方、

仲間からの指導やアドバイス、

そして継続の助けとなる連帯感や強制力など。

 

年をとるほど過去の経験や知識に縛られ、

頭が固くなっているので、

柔軟に物事を考えるためには、

仲間の存在が不可欠です。

 

わたしの20代まではほぼ、

【独りで学ぶ】10:0【仲間と学ぶ】でした。

いまは仲間を作って学ぶ機会を意識的に作るようにし、

7:3から5:5程度になるように心がけています。

 

「君子(くんし)は文をもって友を会(かい)し、

友をもって仁を輔(たす)く」【論語 顔淵篇】

 

(意訳)「君子は学びによって仲間と交わり、

仲間との学び合いを自己成長の助けとする」

-ブログ, リーダーシップ, 中国古典, 生き方, 自己啓発, 論語
-, , , , ,

Copyright© 論語の語りべ 関龍二 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.