ブログ リーダーシップ 中国古典 生き方 自己啓発 論語

時は金なり。決断のスピード感を高めよう

更新日:

人生は選択の連続である。

私たちが朝起きてから寝るまでの間に、

私たちが選択・決断しなければならないことは、

9,000回とも35,000回ともいわれています。

 

日々の小さな決断にはそこまで迷う必要はないとしても、

私たちはときに、その後の人生を左右するような大きな決断や、

他人の運命を変えてしまうような決断を迫られます。

 

たとえば学生であれば就職先を選ぶとき、

人生を共にするパートナーを決めるとき、

命の危機迫った緊急事態における判断、

経営者であれば会社の命運をかけた経営判断など。

 

いつもじっくりと時間をかけ、

慎重に決断できる時ばかりではありません。

とくに変化の速い今の時代を生き残るためには、

さらなる決断のスピードが求められています。

 

とくに経営者やリーダーの立場にある人は、

このことを肝に銘じなければなりません。

 

「季文子(きぶんし)、三たび思いてしかる後に行う。

子、これを聞きて曰く、再びせばこれ可なり」

【論語 公冶長篇】

 

(意訳)『魯の国の大夫、季文子は何度も考えてようやく実行した。

孔子先生はこれを聞いて、「二度も考えれば十分だろう」とおっしゃった』

-ブログ, リーダーシップ, 中国古典, 生き方, 自己啓発, 論語
-, , , , ,

Copyright© 論語の語りべ 関龍二 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.