「ブログ」 一覧

no image

女(なんじ)、君子の儒(じゅ)と為れ

2019/04/16   -ブログ, 中国古典, 論語

女(なんじ)、君子の儒(じゅ)と為(な)れ、小人(しょうじん)の儒と為る無かれ。(訳)君は仁徳を備えた学者になりなさい。ただ知識だけを蓄えた学者になってはいけないよ。 「女」は「汝」に通じ、「あなた」 …

敷島の (本居宣長 作)

2019/04/08   -ブログ

暖かな春の日差しに咲き映える桜。その姿はまさに「大和心」を象徴するものである。詩吟を始めてから、最初に吟じた和歌が 『敷島の』(本居宣長)でした。 敷島の 大和心を 人問わば 朝日に匂う 山桜花 桜が …

徳は孤ならず必ず鄰有り

2019/04/07   -ブログ, 中国古典, 論語

徳は孤ならず 必ず鄰有り(訳)徳を備えた人間は決して孤独にはならない。必ず理解し、寄り添ってくれる人がいる。 確固たる信念を持ち、自分の道を切り開いていこうとしても、初めから全て順調にいくわけではあり …

一生勉強 一生青春

2019/04/03   -ブログ

30代になってから始めた詩吟は週に1度、お稽古しています。主に70代の先輩方に交ざって、次の発表会に向けて練習の日々。詩吟は漢詩や和歌を独特の節回し(節調という)で吟ずるものですが、その節回しを滑らか …

思い邪(よこしま)無し

2019/04/02   -ブログ, 中国古典, 論語

『論語』には、孔子が詩について語った文章がいくつかありますが、そのうちの一つが「思い邪無し」という非常に印象深い言葉です。人々が詩に詠み込んでいたのは、嘘偽りのない「純粋な心」。それは固定観念に囚われ …

令和

「平成」から「令和」へ

2019/04/01   -ブログ

31年間続いた「平成」がまもなく終わりを告げます。新しい時代の元号は「令和(れいわ)」。出典は『万葉集』の中にある「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉(こ)を披( …

Copyright© 論語の語りべ 関龍二 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.