ブログ

「平成」から「令和」へ

更新日:

31年間続いた「平成」がまもなく終わりを告げます。
新しい時代の元号は「令和(れいわ)」。
出典は『万葉集』の中にある「初春の令月(れいげつ)にして、
気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、
蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かおら)す」
という文章からとっているそうです。

(意訳)

初春の月は清々しく、さわやかな風が柔らかく吹いている。
梅の花は美女のおしろいのように美しく咲き、
蘭のかぐわしい香りがほのかに漂ってくる。

「平成」の世は、その名に反して自然災害による甚大な被害や、
国際情勢の混迷など、決して平穏無事とは言い難い時代でした。
新しい時代には「令和」という名が表すように、
春の穏やかな陽気の下で、人々が喜びに溢れるような、
そんな時代になることを願っています。

-ブログ
-

Copyright© ryublog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.